日経225の本

 

日経225の取引をするという人も多いと思いますが、少しでも基礎知識や実践方法などを身につけるためには、色々と勉強をする必要があります。日経225の勉強のためにも今はインターネット上で勉強をしているという人も多いのですが、それ以外にも、日経225に関する書籍や本を購入して読んでいるという人も多いでしょう。ここではおすすめの日経225に関する本を紹介したいと思います。
数は日経225の初心者向けのものとして戦略から基本的なシステムなど色々と解説してくれている本として、日本実業出版社が出版している「日経225先物取引基本と実践儲かる!株の教科書」を紹介します。コレは初心者でもわかりやすく日経225の基本から紹介していますから参考になるのではないでしょうか。
同じく日本実業出版社から販売されている「投資の王道・実践編 日経平均先物取引」も日経225取引をしている中級—上級者向きとして向いている本だと思います。色々と他にも日経225や日経225オプションに関する本などは販売されていますから、実際に自分で書店へ行って手にとって中を見てみるといいかもしれませんね。イラスト入り、わかりやすさなども、本によって違っていますから、自分の目で確かめるのが一番ではないでしょうか。

日経225のデイトレード

 

日経225のデイトレードは、その日中に、反対売買をしてしまうという取引のことを言います。1日の間で完了させる、とても短期の投資の方法で、株でもFXでもデイトレードはありますが、日経225にもデイトレードはあるのです。FXでは特に主流なデイトレードですが、株のデイトレードは少々危険とも言われています。株の場合にはその日のうちに出た株が上がった材料の影響があまり受けないことがありますから、あまりデイトレードで儲けが出るということが少ないのです。ですが、その日のうちに売買は完了になりますから、マーケットが終わった後に出る株の上昇材料の影響はあまり受けないということが、反対にメリットにもつながることもあります。
買っていた銘柄にかかわっている会社などが不祥事を起こしてしまった場合には、次の日には株価が急激に下がってしまうこともあるのですが、日経225の場合には、それはありませんし、リスクは小さいといえると思いますが、個別銘柄のケースになると、少し不安で寝れない人も出てくるかもしれませんね。
一般的な取引の場合には、予想外に不祥事が起きてしまった場合には、かなり影響を受けて損をしてしまうこともあるのですが、日経225のデイトレードの場合には、予想外のことがあったとしても、それほど損をしないというのが、特徴です。
日経225の場合には、差金決済に特に縛りはありませんから、価格の変動がかなり激しい時でも、1日の間で売買を完了することで、資産が短い期間で増せます。

日経225のデメリット

 

日経225にも投資ですからデメリットはあります。日経225のデメリットというのは、リスクということになりますが具体的にはどんなリスクがあるのでしょうか。投資というのは日経225に限ったことではないのですが、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンが基本です。リスクやリターンがバランスよく釣りあいがとれているのが投資の特徴です。ローリスクローリターン何てものは、あまりこの世の中にはないと思ってもいいと思いますし、ロールリスクハイリターンもあってはいけないことです。日経225のデメリットとしてこのようなリスクについて理解しておくことが大切あると一つ挙げることができます。
日経225というのは証拠金取引ですから、少しの資金で大きな取引が可能です。日経平均がかなり大きく動けば、証拠金以上のリスクで損失が出ることも避けられないことです。また、日経225の取引をしていて、証拠金が減れば減っただけ、追加入金をしなくてはいけませんから、投資資金をすべてつぎ込んでしまうと、日経225の取り機をする上でハイリスクを背負うことになるので注意が必要です。
株取引のメリットのような配当金制度もなければ、株主優待制度もありませんから、こういったことがないというのが、日経225のデメリットといってもいいかもしれませんね。損が大きくなってきたと感じた場合には、日経225ではできるだけ早めに切り捨てて損切りをしたほうが、いいのかもしれませんので注意しましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1顎ニキビを皮膚科で治療する10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1顎ニキビを皮膚科で治療する10